喉頭がんの闘病生活の心構え



喉頭がんの名医完治を目指して歩んでいくことは、症状が発覚してからまず望むことではないでしょうか?
放射線治療や手術にあたり、患者側では提供された情報に基づいて判断することしかできず、実質的には同意する以外の選択肢は残されていないこともあります。
そのため、主治医選びは闘病生活を大きく左右する重要事項となります。

生死を決定付ける重大な選択なのですから、喉頭がんの名医や権威を見つけられるかどうかは軽く扱うことができない問題です。
そのための情報源として闘病記を活用するのも一つの方法でしょう。
闘病記には多くの経験が詰まっていますので、名医についての口コミ情報も記載されていることがあります。

活用方法は様々ですが、喉頭がんの闘病記を上手に使うことで闘病生活においてプラスになることは間違いないでしょう。
中には末期と宣告されて、完治が絶望視されていた人が名医と出会って奇跡的に完治したという話もあり、勇気付けられることもあります。
手術や放射線治療・抗がん剤の服用など、様々な情報を患者目線で語られていることも大きな利点です。

名医については色々な視点からの評価が可能ですから、闘病記からそういった情報を引き出すことも有効でしょう。
物事を多角的に捉えることができれば、それだけ片寄った考え方に陥る危険が軽減されます。
喉頭がん名医がすべてではありませんが、治療において重要な要素であることは間違いないでしょう。

«  | HOME |  »

闘病記目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。