喉頭がん名医を見つける



喉頭がん名医がいることが、治療を行ううえでどれだけ心強いかしれません。
1人で孤独な闘病生活を、完治目指してがんばるよりも、頼れる医師や医療関係者がいた方が当然未来は明るくなります。

しかし、偶然出会える医師の中で、喉頭がん名医はそう多くいるものではありません。
残念なことではありますが、それが実際のところです。
職業的にその仕事に従事している人の中でも、一流の人間はそう多くはないことは、経験的にも理解できるところでしょう。

それは医療の世界でも同じことが言えます。
なあなあの状態で毎日を送っている医師もいれば、目先の利益を最優先する悪徳病院も存在します。
また、患者のことを真剣に考えたくても、予算が立てられずに十分な施設の先行投資に踏み切れないケースもあるでしょう。
そう考えただけでも、喉頭がん名医の希少性は理解できることでしょう。

転移は喉頭がん名医と患者、双方にとって大きな関心事です。
その説明義務を果たしてもらうことは、当然に行使すべき権利でしょう。
遠慮することなく、不明点はどんどん質問しましょう。

技術や知識を磨くためには、環境が必要です。
十分な研究や検証を行うためには、経済的な保障も必要とされますし、設備もいります。
それがなくては人材流出を招くか、せっかくの金の卵が世の中に貢献できずに腐ることになります。
喉頭がん名医は優れた医療技術を通して、病人に対して、ひいては社会に対して大きな補助を与えるものです。
その育成には国が乗り出して費用を負担しても良いぐらいではないでしょうか。

毎日の実務ばかりに忙殺されて、自分の医療レベルを上げる余裕がないというのでは、長期的な視野に立った場合、その医師本人のためにも、日本のためにもなりません。
もし喉頭がん名医になれる才能を持った若者が、その能力を開花させられずに終わってしまったら、それは国家規模の損失ということになります。
いくら小手先の社会保障を整えたところで、一流の医療関係者が揃っていないようでは、効果半減です。

もちろん、容易なことではないことでしょうが、刹那的な視点ではなく、10年以上の規模を見通して、特別な専門領域を誇る喉頭がん名医を育成していくことが、今後の豊かな高齢化社会には求められています。
医師免許という国家資格に甘えてしまっているのか、毎日切磋琢磨を繰り返しているかで、評価や収入額に格差が生じるのは当たり前のことです。
患者の延命や完治に対する貢献度が大きく異なる以上、同じ待遇というのは、不適切極まりないでしょう。

注意が必要なのは、喉頭がん名医はどの病気にも万能というわけではないということです。
西洋医学は細分化されて進化しており、外科や内科、精神科といった基礎的な分類はもちろんのこと、外科のなかでもさらに細分化されているのが現状です。
したがって、特定の病気に詳しいということが、他の病気のスペシャリストでもあるいことの証明にはなりません。

むしろ、分業するべきところは分業し、しかるべき医療関係者に仕事を割り振っていくというのも、一つの能力になります。
喉頭がんの名医が、ただの風邪にいつまでもかまっていたのでは、宝の持ち腐れです。
それより、類まれな技術や能力を存分に発揮できるケースを優先するべきでしょう。

もっとも、それを正確に判断するために、自分の専門分野だけに限られない幅広い医学知識が必要にはなります。
それがないと、どの担当にまわせばいい案件かということの判断がつかなくなってしまうからです。
患者にとっては、医師であるというだけでプロフェッショナルです。
喉頭がんの名医だからといって、ほかの病気のことはまるで無知というわけにはいきません。

専門領域を極めるということと、幅広い視野を持つという相反する2つの要請に応えることこそ、喉頭がん名医に義務付けられるものです。
平均的な医療技術では太刀打ちできないところを完治に導いたり、本来考えられたよりも大きな治療効果を発揮するという根本的な役割がなくなることはありません。
それは今後も一貫していえることです。

そこをどう捉えるかというのは、その人の人間性によるところが大きいのかもしれません。
ある意味では、喉頭がん名医になる適正試験のようなものかもしれません。
膨大な量の知識や技術が要求されたとき、それを義務としてマイナス思考で受け止めるか、前向きに捉えて必死に取り組むことができるかによって、その人の成長は大きく影響を受けます。

やらされているという意識では、世界に通用する人物に成長できる見込みは薄くなります。
やはり、自ら喉頭がん名医になって、世の中を変えていくんだという自覚があるかないかで、将来性は変わってきます。
ただ惰性で流されているだけで到達できるほど、一流の称号はたやすいものではありません。

我々は、命をかけて闘病生活を送ることを余儀なくされています。
いやいや仕事をしているだけの医師に、全てを任せることなどできるはずがありません。
だからこそ、喉頭がんの名医を見つける、これは重要な課題になってくるのです。

«  | HOME |  »

闘病記目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。