喉頭がんの痛み、我慢しない



喉頭がんの痛み、我慢しないというのは、CMで流れていた言葉です。
病気にかかっても、その苦痛を適切な形で表現するのは思いのほか難しいものです。
日本人は、喉頭がんの痛み、我慢しないという言葉を理解するのが苦手な国民かもしれません。

過度に自分の殻に閉じこもり、他人には思いのたけを伝えることを戸惑ってしまったり、反動で攻撃的に自分の苦しみを押し付けて周囲の人間を困らせてしまったりということになりがちなのではないかという気がします。
もともと、日本人は感情表現の豊かな民族というよりは、耐えて忍ぶ国民性を持っているのではないかと思います。
それは長年の歴史の中で培われてきた確かな美徳ではありますが、辛いときには耐えられなくなってしまうこともあります。

だからこそ、喉頭がんの痛み、我慢しないということが意味を持ってきます。
病気になったからといって、あなたは優遇されるわけでもありません。
驚くほどの無関心を周囲が露呈することだってありえるのです。
誰しも毎日を忙しく過ごし、余裕もないのだから仕方がないことでしょう。

喉頭がんの痛み、我慢しないというのは、そんな鈍感に対する対抗策でもあります。
周囲が気付いてくれないのなら、自分から働きかけるしかありません。
相手が察してくれると願うのは無理もないことですが、現実の厳しさを改めて思い知る必要などはありません。
避けられる困難は回避するに越したことはありません。

いくら、喉頭がんの痛み、我慢しないというキャッチコピーが流通したところで、苦痛は向こうから勝手にやってくるものです。
つまり、生きている限りは多かれ少なかれ共存せざるをえないのです。
それを自分ひとりの胸の内で抱え込むか、他人を巻き込んで少しだけ肩代わりをしてもらえるかという違いが、その本質になります。

「喉頭がんの痛み、我慢しない」
毎朝、そっと口にしてみるだけでもいいと思います。
いつだって、始めの一歩は小さなものです。
しかし、そのわずかな進化が、ゆくゆくは大きな格差を生み出すことになるのです。

1人孤独に老衰していくか、喉頭がん痛み、我慢しないで他の人にも理解してもらうかで、その後の人生は大きく様相を変えます。
暗闇の中に差し込んだわずかな光は、病気を完治させて輝く患者の姿かもしれません。
病院のベッドの上の生活に別れを告げて、勇ましく第二の人生をスタートさせる自分の姿を想像すると、どこか遠いもののようで、現実離れして感じるかもしれません。

しかし、人間は望むものにしかなれません。
悪い方向への転落はあっても、いつのまにか祭り上げられるということなど、歴史上そう頻繁には起こりえないものです。
喉頭がんの痛み、我慢しないというのは、ある意味で積極的に行動を起こすということです。

それは体力の落ちた患者にとっては、大きな負担になるかもしれません。
気力・体力ともにたくましい時代とは違うんだと、喉頭がんの痛み、我慢しないなんて言葉は受け流している人もいます。
間違っているとは思いません。
少なからず真実を含んでいるからです。

一方で、誤解を内包していることも否定できません。
過去を振り返ってみたところで、そこには何の意味もないからです。
―喉頭がんの痛み、我慢しない。
それは他人任せにしてしまおうという趣旨ではなく、将来に向けての闘病生活への取り組み方なのではないでしょうか?

超人ではないのですから、どんな困難にも耐えられるというわけではありません。
あまりに辛ければ、心が折れてしまいます。
そんな風になってしまう前に、喉頭がんの痛み、我慢しないということを肝に銘じて、主治医や家族、友人に思いのたけを打ち明けてみてはいかがでしょう?
案外、そんな何気ないところから、人生は進展していくのかもしれません。

相手だって、日々の暮らしに終われている要素はあります。
しかし、あなたが勇気を持って告白したのなら、耳を貸してくれるのではないでしょうか?
連帯感や人の温かさを信じることができれば、喉頭がんの痛み、我慢しないということは実行に落とし込めるはずです。

曲解しないでほしいのは、わがままになれということでは決してないということです。
生きていれば、どうしたって問題を抱えることになります。
命に関わる重病であっても、被害妄想に陥っては、相談される相手にとって迷惑なだけです。

健康であるだけでも、無邪気なものだと感じてしまうかもしれません。
喉頭がんの痛み、我慢しないで冷静に状況を把握、そして第三者の視点で自分を見つめることで、現状を客観視することができるというものです。
まだまだ健康への望みを捨てきれていないのなら、必死で生への執着を見せていいのです。

喉頭がんの生存率



喉頭がんの生存率はどのくらいでしょうか?
告知を受けてから5年、あるいは発症してから5年や10年ごとの割合は、患者としては気になるところですし、名医から聞きたいと思うのは当然でしょう。

ただし、告知を受けてからの期間で喉頭がんの生存率を出したところで、そもそも早期発見だったのかどうかによっても変わってしまうので、あまり頼りになるデータではありません。
すでに病状が深刻になってから発見された場合と、まだ発症した直後に見つかったのとでは、当然その先の寿命の長さも大きく影響を受けます。
自分が告知を受けたので他の人も同じ条件ならば、という仮定でいうならば、かなり膨大な量のデータを集めない限り、参考になるものにはならないはずです。

また、発症してからの喉頭がんの生存率ということでいえば、気になるところでしょう。
平均してどのくらいの寿命が残されているのか、これは気になるところです。
まだまだ生きたいという欲求は、若者特有のものではありません。
それだけに、自分が今後どうなるのかという予想を、名医から教えてもらえれば目安程度にはなります。

ただし、同じ病気にかかっていても、その後の喉頭がん生存率は人括りにできるものではありません。
名医や権威と呼ばれるような医師と出会えたかどうか、最先端医療や最新治療法を受けられたかといった事情によっても変わってくるでしょうし、
年齢や性別によっても異なってきます。
若者と老人では、当然生命力や免疫力も異なってきます。

それをひとつにまとめてしまった集計結果は、データのまとめ方として最適なものかどうかという疑問が残ります。
統計学について詳しいわけではありませんので、詳しいことはわかりませんが、素人考えでもそのくらいの隙が残されていることが理解できます。
名医や権威と呼ばれる医師が日々研究しているわけですから、それなりに情報収集は進んでいると思いますが、それがどれだけ公開されているのかはわかりません。

実際、名医や権威が喉頭がん生存率を発表したという話を聞いたことはありません。
もっとも、一般社会で広く関心を持たれる話題というよりは、一部の患者や病院関係者・学者にとって興味深い内容ですので、なかなか耳にする機会がないだけなのかもしれません。
研究機関がそれぞれ独立しているために、連携が取れているのかどうか、というところは問題ですし、世界的な視野で統括する団体があれば、より効率的になるのは間違いないのでしょう。

ただ、どちらにしても言えるのは、名医や権威に出会えているか、治療費を捻出できるかといった諸問題も含め、自分が置かれている状況についての情報が本当は欲しいはずです。
喉頭がんの生存率は、自分の場合ならどうかという参考にしたいというだけで、他人の話を聞きたいわけではないでしょう。
これからどれだけ生きていられるのか、それを主治医に問い合わせて見るというほうが、有益な情報を得られるのかもしれません。

もちろん、医師によって見解は違うでしょうし、必ずしも予想が当たるとは限りませんが、もっとも身近な専門家という意味では、聞いてみることには意味があります。
それにより、喉頭がん生存率がどのくらいの参考になるか、肌身で実感できるのではないでしょうか?

闘病記を呼んでみるというのも良い方法だと思います。
自分と同じような症状の進行具合の人がたどった人生を把握することで、喉頭がん生存率の見当をつけることができます。
研究者ではないので、あまり膨大な量を細かく分析する必要はありませんが、症状や年齢が似ている人の闘病記を読むことは、励まされる部分もあるはずです。
患者が孤独を紛らわす方法としても、適しているでしょう。

これまで患者が記してきた闘病記から喉頭がん生存率を割り出すことは、詳しくない医師よりも正確かもしれません。
色々な病気に対応している医師の場合、あまり一つ一つの病気について詳しい情報を蓄積していないケースもあります。
また、職業柄、無責任なことを口にできないということもあるので、あやふやなら黙っているしかないということもあるので、必ずしも聞いたら答えてくれるとも限りません。
その点、闘病記を読んで参考にするという方法であれば、自助努力として行うことができますし、ネットなら情報は簡単に集めることができます。

また、喉頭がんの生存率を知ることよりも、むしろ大切なのはそれを上げていくことでしょう。
人間は不老不死というわけにはいきませんから、いずれ寿命を終えることは避けられません。
その時期を先に延ばすために何ができるのか、それを考えるのです。

自分がどれだけ生きていられるかを計る指標が、喉頭がん生存率です。
患者が真剣にならなくては、名医や権威がどれだけ手助けをしても先には進みません。
最新治療法や最先端医療技術も万能ではありませんから、患者が医師の指示を無視したり、不規則な生活を送っていては完治は難しいでしょう。

どうしたら生きられるのか、そんな切実な願いを持って闘病生活を送る人にこそ未来は開いてほしい、そう思います。

喉頭がん名医を見つける



喉頭がん名医がいることが、治療を行ううえでどれだけ心強いかしれません。
1人で孤独な闘病生活を、完治目指してがんばるよりも、頼れる医師や医療関係者がいた方が当然未来は明るくなります。

しかし、偶然出会える医師の中で、喉頭がん名医はそう多くいるものではありません。
残念なことではありますが、それが実際のところです。
職業的にその仕事に従事している人の中でも、一流の人間はそう多くはないことは、経験的にも理解できるところでしょう。

それは医療の世界でも同じことが言えます。
なあなあの状態で毎日を送っている医師もいれば、目先の利益を最優先する悪徳病院も存在します。
また、患者のことを真剣に考えたくても、予算が立てられずに十分な施設の先行投資に踏み切れないケースもあるでしょう。
そう考えただけでも、喉頭がん名医の希少性は理解できることでしょう。

転移は喉頭がん名医と患者、双方にとって大きな関心事です。
その説明義務を果たしてもらうことは、当然に行使すべき権利でしょう。
遠慮することなく、不明点はどんどん質問しましょう。

技術や知識を磨くためには、環境が必要です。
十分な研究や検証を行うためには、経済的な保障も必要とされますし、設備もいります。
それがなくては人材流出を招くか、せっかくの金の卵が世の中に貢献できずに腐ることになります。
喉頭がん名医は優れた医療技術を通して、病人に対して、ひいては社会に対して大きな補助を与えるものです。
その育成には国が乗り出して費用を負担しても良いぐらいではないでしょうか。

毎日の実務ばかりに忙殺されて、自分の医療レベルを上げる余裕がないというのでは、長期的な視野に立った場合、その医師本人のためにも、日本のためにもなりません。
もし喉頭がん名医になれる才能を持った若者が、その能力を開花させられずに終わってしまったら、それは国家規模の損失ということになります。
いくら小手先の社会保障を整えたところで、一流の医療関係者が揃っていないようでは、効果半減です。

もちろん、容易なことではないことでしょうが、刹那的な視点ではなく、10年以上の規模を見通して、特別な専門領域を誇る喉頭がん名医を育成していくことが、今後の豊かな高齢化社会には求められています。
医師免許という国家資格に甘えてしまっているのか、毎日切磋琢磨を繰り返しているかで、評価や収入額に格差が生じるのは当たり前のことです。
患者の延命や完治に対する貢献度が大きく異なる以上、同じ待遇というのは、不適切極まりないでしょう。

注意が必要なのは、喉頭がん名医はどの病気にも万能というわけではないということです。
西洋医学は細分化されて進化しており、外科や内科、精神科といった基礎的な分類はもちろんのこと、外科のなかでもさらに細分化されているのが現状です。
したがって、特定の病気に詳しいということが、他の病気のスペシャリストでもあるいことの証明にはなりません。

むしろ、分業するべきところは分業し、しかるべき医療関係者に仕事を割り振っていくというのも、一つの能力になります。
喉頭がんの名医が、ただの風邪にいつまでもかまっていたのでは、宝の持ち腐れです。
それより、類まれな技術や能力を存分に発揮できるケースを優先するべきでしょう。

もっとも、それを正確に判断するために、自分の専門分野だけに限られない幅広い医学知識が必要にはなります。
それがないと、どの担当にまわせばいい案件かということの判断がつかなくなってしまうからです。
患者にとっては、医師であるというだけでプロフェッショナルです。
喉頭がんの名医だからといって、ほかの病気のことはまるで無知というわけにはいきません。

専門領域を極めるということと、幅広い視野を持つという相反する2つの要請に応えることこそ、喉頭がん名医に義務付けられるものです。
平均的な医療技術では太刀打ちできないところを完治に導いたり、本来考えられたよりも大きな治療効果を発揮するという根本的な役割がなくなることはありません。
それは今後も一貫していえることです。

そこをどう捉えるかというのは、その人の人間性によるところが大きいのかもしれません。
ある意味では、喉頭がん名医になる適正試験のようなものかもしれません。
膨大な量の知識や技術が要求されたとき、それを義務としてマイナス思考で受け止めるか、前向きに捉えて必死に取り組むことができるかによって、その人の成長は大きく影響を受けます。

やらされているという意識では、世界に通用する人物に成長できる見込みは薄くなります。
やはり、自ら喉頭がん名医になって、世の中を変えていくんだという自覚があるかないかで、将来性は変わってきます。
ただ惰性で流されているだけで到達できるほど、一流の称号はたやすいものではありません。

我々は、命をかけて闘病生活を送ることを余儀なくされています。
いやいや仕事をしているだけの医師に、全てを任せることなどできるはずがありません。
だからこそ、喉頭がんの名医を見つける、これは重要な課題になってくるのです。

«  | HOME |  »

闘病記目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。