喉頭がん名医を主治医に



主治医が喉頭がん名医であれば、生存率は当然に上がります。
診断が正確であれば、その後の対策を練るのに大きく貢献しますし、治療にしても手術や抗がん剤の投薬治療といった基本的なものだけではなく、自然療法や最先端医療といったものも選択肢に入ってきます。

それだけに、生存率は主治医に喉頭がん名医を迎えられるかどうかに大きく左右されるのです。
患者だって、好きで病気にかかっているのではありません。
完治を理想として病院にかよっているのですし、たとえ完治が望めないところまで病状が進行してしまっているとしても、延命を望んで通院している以上、それに答えられるだけの力量を持った医師を探し出す必要があります。

医師なら誰でもいいという投げやりな態度では、いずれ後悔することになりかねません。
もっと早くに主治医を喉頭がん名医に頼んでおけばと悔やんだところで、すでに病状が進行して手遅れになってしまうことだってあります。
先手を打つということは、闘病生活において欠かすことのできない重大な問題です。

放置は大抵の場合悪い結果を生み出します。
症状は進行し、ますます完治から遠ざかる以上、早期に喉頭がん名医である主治医の元で、治療を進めることは必須のものになります。
たまっていった負の遺産は利息がついてやがて収拾のつかないものになります。
しかもその利息は複利となり、手元資金の少ない中で組んだ住宅ローンのように元本はろくに減らないで、ひたすら利息分を返済しているだけという悪循環に陥ることになります。

先に元本を返済しておけば、その後の利息も少なくて済んだのに、それを怠った結果、支払い総額が膨れ上がってしまうように、病気でも早期の対策をとらなければ、後から取り返すのは困難になってきます。
悪化してから主治医に喉頭がん名医を迎えるより、早期の段階で治療を開始する方が賢い選択です。
それでも、努力で取り返せるのならまだ幸運です。

ひどければ、手のつけようがないと見放されてしまうことだってあるのです。
そんな悲劇を防ぐ手立てとしては、未来を予測しそれを行動に移すということのほかにはないのではないでしょうか?
いくら主治医が喉頭がん名医であっても、1人に患者だけを診ているわけではありません。
患者が医者の助言や指示に従っていないことは、いちいち医師も感知していられません。

必死で努力して生きるも、漠然と人生を送っているのもその人の自由です。
誰にも束縛できませんし、命令するような筋合いのものでもありません。
ただし、数少ない喉頭がん名医を主治医にするのであれば、やはり切実な願いを抱えている人にして欲しいものです。
社会全体から考えても、貴重な人材なのですから、遊び半分で時間を拘束するのは止めてほしいものです。

献身的で人生のすべてを患者の治療に捧げることを医師に求めるつもりはありませんし、病院と患者の間に優劣をつけることに意味があるとも思えません。
理想的なのは、闘病生活を送る共同体として活動していけることではないでしょうか。
どちらかが上で、もう一方が下という関係では、ほころびが生じてしまうことは避けられません。

しかし、子供時代と違って利害関係なしの仲間を作るということは、この数十年とても難しいことになっています。
どこかで仕事とつながっていたり、何がしかの利害につながっていたりするので付き合っていることというのは少なくありませんが、できれば主治医である喉頭がん名医には下手に上下関係を意識せず、思い切って腹を割って話せる関係であることが必要です。

社会に出て長くなると、取引先や同僚と一定以上の距離を取るのが本能のように身にしみてしまいますし、突然その距離を無視するのは戸惑いを覚えるかもしれません。
しかし、闘病生活には様々な試練やストレスが付き物です。
そんな時、頼れる喉頭がん名医である主治医に全てを打ち明けることができれば、鬼に金棒です。

孤独な戦いには限界があるということは、いずれわかることですが、それでも諦めるわけにはいきません。
たとえ辛くても闘病生活は続きます。
手術を前にして同様が続く時期、主治医の喉頭がん名医にその思いを打ち明ければ、相手だってそういった相談は過去に散々持ちかけられているのですから、的確なアドバイスをもらえるでしょう。

窓を開けて空を見上げただけで、天気が憂鬱を運んでくることもあります。
それは患者として特有の気持ちというわけではありませんが、深刻な悩みを抱える者としては避けられないものです。
安心感を与えてくれる存在として、喉頭がん名医が主治医になってくれた以上、こちらも誠心誠意を尽くして心の内を吐露することが礼儀ではないでしょうか?

病院というのは、一見すると無機質な建物に見えます。
毎日生死の境をさまよう患者の闘病生活が行われ、その現場を医師や看護士といった医療関係者が取り囲んでいる空間では、生き死にに一喜一憂していられないという事情があります。
そんな冷たくも感じる病院に血を通わせるのもまた、一人の人間である喉頭がん名医です。
他人の痛みに敏感であり、共感することができる彼らだからこそ、患者はもっと心を開いていくことで闘病生活に好ましい影響をもたらすことができることでしょう。

喉頭がん名医と手術と日常



喉頭がん名医に手術をすることを勧められ、心は戸惑っていました。
これまで身体にメスを入れられたことなどなく、平平凡凡と暮らしてきたつもりです。
ニュースでは時々医療ミスが報道されてはいましたが、それも遠い世界の話のようでした。

それが、いざ喉頭がん名医から手術をしたほうがいいと告知されると、それによってどういった結果につながるか、確信を持てずにいたのです。
もちろん、病気が発覚した以上、何もせずに放置しておくわけにもいきません。
治療をしなければ症状は悪化していく一方ですし、手を打たないわけにはいきません。

そう頭では理解できていても、なかなかすんなり受け入れることはできません。
リスクを抱え込むということは、これまでの暮らしでは馴染みのなかったことです。
安全で堅実に、間違いのない生活を選択してきたつもりです。
それが、病気によって唐突に深層にある心理にまで到達せざるを得ない状況に追い込まれ、冷静でいることなどできずにいました。

殴りつけられたような衝撃。
こんなことがあるはずはないと否定する一方で、目の前にいる白衣の医師が喉頭がん名医であるという感情を覆すこともできない矛盾に挟まれ、現実逃避をしたいのに割り切れないというジレンマに陥りました。
何も感じずに病院で治療を受けることができれば、手術を承諾して心を乱さずにいられたらと願うものの、それが現実のものにはならないというもどかしさを抱えながらの暮らしは、決して心地よいものではありませんでした。

心の片隅にくすぶる頼りない期待、それは想定外の出来事によって、手術の必要などまったくなくなってしまうことでした。
診断ミスで、実は病気などではなかったとか、抗がん剤の投薬治療で十分対応できるとかいう知らせが届かないかと願ったのですが、喉頭がん名医の診断による宣告である以上は、そう簡単にまぐれなど起こらないということは自明のことです。
それなのに、諦めきれず、うじうじと悩み続ける毎日が続きました。

前進していかないとわかっていても、そのまま虚脱感に支配されて立ち尽くしてしまうような無力さを感じて過ごす毎日は、空しいだけのものでした。
眼前で診断してもらったのが、喉頭がん名医と思っているからこそ、ただ反論したり事態を不当なものだと吐き捨てられるものではありません。
一向に好転しない現状を前にして、うっぷんがたまってしまうのは当然ですし、その閉塞感はなみなみならぬものがあります。

ある考えにおいては、全てを受け入れて闘病生活を続けていかなくてはならないのでしょう。
手術も含め喉頭がん名医に思いのたけをぶつけ、その上で判断を仰ぐというのが、もっとも現実的な判断なのではないでしょうか?
これまでが健康だったからといって、病気にかかった今が以上で救いようがないわけではありません。

人間も動物も、生きていればケガもすれば病気にもかかります。
それらといかにうまく付き合っていくかというテーマは、誰もがいずれ直面しなくてはならないものです。
喉頭がん名医に手術を受けるとしても、もちろん不安は付きまといます。

だからといって、そこから目を背けることによって問題が解決するわけでは決してありません。
むしろ病状は進行し、ますます深刻になっていく一方です。
心を静め、清濁併せ呑む度量がなくてはならないのかもしれません。
1人ではとても無理でも、喉頭がん名医の助力があれば、どうにかなるのかもしれません。

逃げるのではなく、向かっていく気持ちを持てば人生は変わるのかもしれません。
医療ミスはフジテレビでもTBSでもテレビ朝日でも散々報道されました。
日本テレビやNHKも同じです。
しかし、喉頭がん名医に手術を受けることが、即医療ミスにつながるわけではありません。

むしろ、事故を防ぐために医師や医療機関を選ぶのです。
世界に絶対はありませんから、医療ミスが100%起こらないとは限りません。
それでも、生存率を上げるために取れる手立ては取っておくというのが、患者としてできることの全てです。
その一環として喉頭がん名医を見つけ、相談をすることが必要になります。

いくら出会うことができても、うわべだけの関係にしてしまっては、効果は半減です。
病気のことだけではなく、心の問題まですべて打ち明けることで、自分が背負っている荷物を相手にも肩代わりしてもらえるかもしれないのです。
自分の肩にはひどく食い込む重荷でも、相手によっては全然平気ということもあります。
そのパートナーとして喉頭がん名医は欠かせない存在でしょう。

テレビからは絶え間なく多くの情報が流れてきますが、それは大衆に向けられたものです。
病気で死を目の前にしているという背景を持つ、限られた患者に向けて放送されているわけではないのですから、それもやむをえないことでしょう。
そんな悲劇的な苦境にあっても、喉頭がん名医なら奇跡を起こしてくれる可能性があるのです。

諦めて歩みを止めてしまえばそれまでですが、必死に前進しつづける限りは、希望は消えないのです。

喉頭がん名医を見つける



喉頭がん名医がいることが、治療を行ううえでどれだけ心強いかしれません。
1人で孤独な闘病生活を、完治目指してがんばるよりも、頼れる医師や医療関係者がいた方が当然未来は明るくなります。

しかし、偶然出会える医師の中で、喉頭がん名医はそう多くいるものではありません。
残念なことではありますが、それが実際のところです。
職業的にその仕事に従事している人の中でも、一流の人間はそう多くはないことは、経験的にも理解できるところでしょう。

それは医療の世界でも同じことが言えます。
なあなあの状態で毎日を送っている医師もいれば、目先の利益を最優先する悪徳病院も存在します。
また、患者のことを真剣に考えたくても、予算が立てられずに十分な施設の先行投資に踏み切れないケースもあるでしょう。
そう考えただけでも、喉頭がん名医の希少性は理解できることでしょう。

転移は喉頭がん名医と患者、双方にとって大きな関心事です。
その説明義務を果たしてもらうことは、当然に行使すべき権利でしょう。
遠慮することなく、不明点はどんどん質問しましょう。

技術や知識を磨くためには、環境が必要です。
十分な研究や検証を行うためには、経済的な保障も必要とされますし、設備もいります。
それがなくては人材流出を招くか、せっかくの金の卵が世の中に貢献できずに腐ることになります。
喉頭がん名医は優れた医療技術を通して、病人に対して、ひいては社会に対して大きな補助を与えるものです。
その育成には国が乗り出して費用を負担しても良いぐらいではないでしょうか。

毎日の実務ばかりに忙殺されて、自分の医療レベルを上げる余裕がないというのでは、長期的な視野に立った場合、その医師本人のためにも、日本のためにもなりません。
もし喉頭がん名医になれる才能を持った若者が、その能力を開花させられずに終わってしまったら、それは国家規模の損失ということになります。
いくら小手先の社会保障を整えたところで、一流の医療関係者が揃っていないようでは、効果半減です。

もちろん、容易なことではないことでしょうが、刹那的な視点ではなく、10年以上の規模を見通して、特別な専門領域を誇る喉頭がん名医を育成していくことが、今後の豊かな高齢化社会には求められています。
医師免許という国家資格に甘えてしまっているのか、毎日切磋琢磨を繰り返しているかで、評価や収入額に格差が生じるのは当たり前のことです。
患者の延命や完治に対する貢献度が大きく異なる以上、同じ待遇というのは、不適切極まりないでしょう。

注意が必要なのは、喉頭がん名医はどの病気にも万能というわけではないということです。
西洋医学は細分化されて進化しており、外科や内科、精神科といった基礎的な分類はもちろんのこと、外科のなかでもさらに細分化されているのが現状です。
したがって、特定の病気に詳しいということが、他の病気のスペシャリストでもあるいことの証明にはなりません。

むしろ、分業するべきところは分業し、しかるべき医療関係者に仕事を割り振っていくというのも、一つの能力になります。
喉頭がんの名医が、ただの風邪にいつまでもかまっていたのでは、宝の持ち腐れです。
それより、類まれな技術や能力を存分に発揮できるケースを優先するべきでしょう。

もっとも、それを正確に判断するために、自分の専門分野だけに限られない幅広い医学知識が必要にはなります。
それがないと、どの担当にまわせばいい案件かということの判断がつかなくなってしまうからです。
患者にとっては、医師であるというだけでプロフェッショナルです。
喉頭がんの名医だからといって、ほかの病気のことはまるで無知というわけにはいきません。

専門領域を極めるということと、幅広い視野を持つという相反する2つの要請に応えることこそ、喉頭がん名医に義務付けられるものです。
平均的な医療技術では太刀打ちできないところを完治に導いたり、本来考えられたよりも大きな治療効果を発揮するという根本的な役割がなくなることはありません。
それは今後も一貫していえることです。

そこをどう捉えるかというのは、その人の人間性によるところが大きいのかもしれません。
ある意味では、喉頭がん名医になる適正試験のようなものかもしれません。
膨大な量の知識や技術が要求されたとき、それを義務としてマイナス思考で受け止めるか、前向きに捉えて必死に取り組むことができるかによって、その人の成長は大きく影響を受けます。

やらされているという意識では、世界に通用する人物に成長できる見込みは薄くなります。
やはり、自ら喉頭がん名医になって、世の中を変えていくんだという自覚があるかないかで、将来性は変わってきます。
ただ惰性で流されているだけで到達できるほど、一流の称号はたやすいものではありません。

我々は、命をかけて闘病生活を送ることを余儀なくされています。
いやいや仕事をしているだけの医師に、全てを任せることなどできるはずがありません。
だからこそ、喉頭がんの名医を見つける、これは重要な課題になってくるのです。

«  | HOME |  »

闘病記目次

参考サイト

闘病生活が暮らしの中心に据えられるようになり、健康のありがたみを今さらながらに感じることになりました。

それまでは当たり前だった健康が、患者という立場になってようやく理解できるようになったのです。

あまり縁のなかった病院にもすっかりなじんでしまい、人間の適応能力には良くも悪くも感心しています。

いざ病気になると、保険や治療費といったお金の問題や、完治はできるのか、信頼できる主治医はどこにいるのか、病院選びの方法はどうするかといった様々な疑問が浮かんできます。

それを誰に質問したらいいかが明確であれば問題はないのですが、実際にはなかなか分からないところが問題です。

病院選びの方法を病院で聞くわけにはいきませんし、知り合いになんでも質問できる医師がいる人は限られているでしょう。

最先端医療技術や最新治療法についても精通していて、なおかつ気さくに話し掛けられる医師というのは、なかなかいるものではありません。

ただ、それでも諦めるわけにはいきません。

生きているうちに何がしたいか、もし病気が完治したら何をしたいかを想像してみると、闘病生活を送る気力が湧いてくるでしょう。

抗がん剤の副作用や手術のリスクをしっかり理解するために、気兼ねせずに一つ一つの治療方法について確認し、納得するように心がけることが必要です。

朝目が覚めたら、病気の告知なんて悪夢でしかなかったということになることを、幾日も真剣に願いましたが、現実逃避をしている間にも、病気は進行していきます。

当たり前ですが、これまではこうして深刻な闘病生活を送ることなど考えてきたわけではありませんので、病院だって家から近いというだけの理由で選んできたぐらいで、権威と呼ばれるような医師を探すようなこともありませんでした。

しかし、慣れないこともしなくてはなりません。

問題に優先順位をつけて一つ一つ解決していくしかありません。

当サイトがそのお役に立てることを願っています。